グリーンピースの季節も終わろうとする昨夜、スーパーでグリーンピース(サヤ入り)が見切り品100円になっていました。買わずにおれましょうか。
というわけで、今朝はグリーンピースご飯を炊くことになりました。 

前夜の下準備です。
左:水400cc+昆布5cm角くらい+塩4g+サヤから出したグリーンピース
右:研いでザルで水を切った白米400cc
室温25℃となると、「一晩室温でおいて」というわけにはいきません。
ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
2015-05-27-08-37-38

翌朝、鍋に白米と昆布だし(上の写真左側の液体)を入れて炊きました。
「蓋をしないでおいて強火で沸騰させ、米がまあ煮えて水分が飛んだところで蓋をして弱火10分、火を止めて蒸らし10分」
という、ごく普通(だと思う)の炊き方です。
グリーンピースは、蓋をする1分前くらい目安で入れます。
だしがら昆布は、別の料理で最終処理(笑)します。

ピースご飯が美味しく炊けたとさ♪
2015-05-27-09-23-36


食膳全体。
2015-05-27-09-23-28

味噌汁は、油揚げ・ナス(レンジ加熱して冷蔵しておいたものを利用)・マイタケ(ナスに同じ)・辛味大根ごく少々。
辛味大根1本は私の3~5食分になります。
おろした残りは冷蔵保存するわけですが、断面がギザギザしていると腐敗リスクが高まるので、包丁で薄く端を切り落として断面を平滑にし、アルコールスプレーを吹きかけておきます。
いや、夏の食事の支度で何が一番大事かって、食中毒出さないことだと思いますよ。
その切り落とした端っこは、ごく細い千切りにして味噌汁に参加させるわけです。
2015-05-27-09-23-56

 味噌汁に「あれもこれも」と入れて、汁物と言えない状態になりがちで、イヤだなあと思っていたんですが、先日、極めて姑息な解決策を見出しました。
味噌をとき入れる前に、ダシで煮られた具の大部分を別の皿に取り出して「野菜のダシ煮」ということにする、という手です。
2015-05-27-09-24-07

右:辛味大根おろしにチリメンジャコを混ぜたもの
下:挽き割り納豆に辛み大根おろしを混ぜたもの
左:タマネギとニンジンの浅漬を刻んで軽く塩抜きし、ピースご飯のだしがら昆布を刻んだものとともに、「ピエトロ」の醤油ドレッシング・チューブ入り梅肉・チューブ入りショウガを混ぜたもので和えたもの。おつまみに良さそう。
2015-05-27-09-23-46

生鮭・ヒラタケ・トマト・ナス・ズッキーニ・ピーマン・パセリを、数日前、村井理子さん風のオーブン焼きにしました。
冷たいまま皿に出しました。
バルサミコ酢でもかけたら「冷製!」と言い張れるかも。
2015-05-27-09-24-14

オーブン焼きした直後の姿(2015年5月24日)。
2015-05-24-23-37-31

2015年5月18日、無事に18歳の誕生日を迎えた摩耶(18歳0ヶ月9日)と。
2015-05-27-08-02-13

血圧もまあまあ。
2015-05-27-08-05-37

体重は80.6kg。ここ10日ほど、80kg前後をうろうろしています。
あまり意識的な減量はしておらず、
「減量につながるように、ストレスを感じないように、少しずつ生活習慣を見なおして変えて定着させる」
を心がけているだけですが、こういうのが一番長続きしやすく有効なのかもしれませんね。
1月に84kgだった体重が、4ヶ月で4kg減っていて、しかも減量に関するストレスを全く感じていないのです。

ダシ、削り節と昆布で引くことはもちろんできますが(というか、あんな簡単なことは誰でもできる)、冷凍冷蔵庫が140リットルと小さい上、食べる人が私一人しかいないので、引いたダシとだしがらの保存や再処理に困るんです。
試行錯誤の末、だしパックに落ち着きました。
こちらは粒子が細かく、だしがらの再利用がしやすく、わりとお勧めです。
 
野菜の浅漬は、
「水200cc+塩大さじ1杯+砂糖5g(スティックシュガー1本」 
に野菜をテキトーに入れて冷蔵保存、で簡単に作ってます。
参考書こちら。
 
野菜はだいたい、生協の野菜セットを利用しています。
「来たらすぐ、生食するものはポリ袋漬け、火を通して食べるものは肉か魚と一緒にオーブン焼き」
という方針にしてから、食べきれずに腐らせることが激減しました。