2013年3月から続けている自主リハビリ、ここ数日で非常に良好な成果に結びついてきました。

・自主リハビリの内容 

入浴時に浴槽の中でエビ反り+浴槽の縁を利用して脚を伸ばす

・目的

車椅子生活のため、どうしても座った形のままで身体が「固まって」しまう。これを緩和すること。

効果としては、とにかく気持ちよかったです。身体を柔らかくしておくと、床に落ちたものを立位体前屈で拾えて便利ですしね。

ここ数日、さらなる効果が現れてきました。腰を伸ばして眠ることができるようになったのです。
これまでは、椅子に座った状態の骨盤と太腿の関係がそのままという感じ、太腿が少し浮いたような形で寝ていました。
ところが5日ほど前から、太腿の後ろ側がベッタリとベッドにくっついた状態で眠れるようになったのです。
とても深いリラックス感のもとで眠ることができます。

日常生活で「出来なかったことができるようになった」というような改善は特に見られていませんが、疲れにくくなりました。車椅子に長時間乗る日があっても、ひと寝入りすれば疲れが抜けるようになりました。これは私にとっては大きなメリットです。